英語力抜群のアニメオタクな薬剤師のお姉さん

軽い蕁麻疹で皮膚科にかかった時の事。
その病院の先生は若くて丸顔の話しかけやすそうな方でした。
診察を終えると「圧迫性の蕁麻疹ではないか」との事。
あまり蕁麻疹と縁が無かったのもありピンと来なかったので「それはどういったものですか?」と聞いてみました。
すると、快く答えてはくれるのですが専門用語ばかりでやっぱりよくわかりません。

あまり聞き返しても悪いかなと思ったので、もう一つ気になっていた事を聞いてみました。
「アレルギーとは違うんですよね?」
すると「違うと思うんだけどなぁ。これはね(専門用語羅列)だからアレルギー性だと(専門用語羅列)なんだけど、あ、もしかしたらアレがこうで…いやでもコレな可能性もあるし…」と。
どんどん早口になるし専門用語だし・・・。看護士さんをチラッとみたら苦笑いしてるし。

そして私、気づいてしまいました。
なんだかこの先生のしゃべり方、親近感が沸く。
自分の得意分野を振られるとつい話が止まらなくなって、段々早口になって、自分の世界に入ってしまう…。

あっ、これ、オタクだ。
自分の興味ある事を喋ってる時のオタクだー!
何しろ自分も同類なのでわかります。
話に夢中になって、相手がちょっと引いてても気づかなくなってしまうんですよね。

確かに「好きこそものの上手なれ」と言いますし、自分のお仕事のオタク、であるっていうのは良い事なんですよね。
病気を「好き」って言うのも変かなあと思いますけど、それはそれで頼もしい気もします。

実際その病院すごく流行っていて、受付を済ませたら(待ち時間が長いので)一旦家に帰る人が多いくらいなんです。
先生も「また来てね!」くらいの勢いで次の診察日を決めてくれました。

二度目の診察からは私もしっかり心構えをして、先生の説明がわからない時は看護士さんにアイコンタクトしました。
そうすると、きっと私のような患者さんが多いんでしょうね、通訳のように上手に話に割り込んでくれました。
ナイスコンビネーション。

処方箋を持って隣の調剤薬局に行ってふと皮膚科での話を薬剤師のお姉さんにしてみました。
すると、薬剤師さんもこの先生の性格を知っていたようです。
さすが!
すごく英語が堪能な薬剤師さんなんですが「わたしも実はアニメオタクなの!」と爆弾発言!
キャー!私と同じだー!こんなに英語も話せて素敵な薬剤師さんが私なんかと同じなんだ・・・と思うと、なんだかとっても嬉しくなりました。
<<薬剤師 求人 英語>>

仕事熱心とオタクは紙一重!…かも知れないって気づいた出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です